【エコなひと】〝伝わるって、すごい〞をキャッチフレーズに、英語のおもしろさを伝え、子どもたちの未来をサポートしていく|株式会社TOKYO GLOBAL GATEWAY 織田 信雄さん

今回、お話をうかがったのは株式会社TOKYO GLOBAL GATEWAYの織田信雄さんです。英語を使ったコミュニケーションの楽しさを広めたいと、活動を行なっています。

 

今月のテーマ:思いきり英語を使える場所を提供し子どもたちを応援する

〝伝わるって、すごい〞をキャッチフレーズに、
英語の面白さを伝え、子どもたちの未来をサポートしていく

株式会社TOKYO GLOBAL GATEWAY
代表取締役社長 織田 信雄さん

1983年株式会社学習研究社(現学研ホールディングス)に入社。子ども向けから大人向けまで、さまざまな書籍・雑誌の編集業務に従事。2017年に株式会社TOKYO GLOBAL GATEWAY代表取締役に就任。現在に至る。

 

TGGで味わえる英語を使った成功体験

株式会社TOKYO GLOBAL GATEWAY(以下TGG)は、東京都との共同事業として計画された、画期的な体験型英語学習施設です。〝伝わるって、すごい〞をキャッチフレーズに、主に小学から高校生を対象として、英語のコミュニケーション体験を提供しています。

TGGは、一歩み足を踏み入れた瞬間から海外気分。館内では日本語禁止で、豊富なプログラムを英語で体験できます。

「みんな、最初はおとなしくても、帰るときには「See you!」と外国人スタッフとハイタッチを交わすまでに。『英語が使えた』、『自分の英語が通じた』という成功体験がお土産です。地球規模の環境問題を英語で話し合うプログラムもあるんですよ」と、織田さんは話します。

そして織田さんは「TGGをたくさんの人に使ってほしい」と強く思うそうです。

 

英語は子どもたちに欠かせないツール

「英語はグローバル社会を生きる子どもたちにとって、欠かすことのできないツール。学
校で英語を学ぶのも、英語を使って世界中の人とコミュニケーションにするためです。でも、日本ではなかなか英語を使う場所がありません。TGGは思いっきり英語を使える場所と
して、世界に飛び出す子どもたちを応援していきたいと思います」

エコチルとは?

エコチルとは、「エコロジーチルドレン」の造語で、
「子どもたちに、もっと環境に関心をもってもらえる機会をつくろう」
「地域社会と学校、家庭をエコでつなぐプラットフォームとなろう」
という思いから、札幌版を2006年、東京版を2013年に創刊いたしました。

地域社会(学校、家庭、行政、NPO、企業)をエコでつなぎ、「地球を守るためにできること」を子どもたちと一緒に考えていく−それが「エコチル」です。

創刊:2006年4月
部数:76万部(北海道版25万部 東京版31万部 横浜版20万部
頻度:毎月1回(北海道版 毎月中旬、東京版・横浜版 毎月上旬)
体裁:B判タブロイド、フルカラー、8P〜24P
配布:北海道版 北海道内 公立小学校約1040校(配布率99%)
   東京版 東京23区公立小学校約747校(配布率90%)
   横浜版 横浜市内18区の約343校
   ※その他 児童会館や公共施設などにも設置
(2019年2月時点)

※エコチルは、株式会社スクルーと提携している株式会社アドバコムが発行する機関紙です。
お問い合わせ

関連