[埼玉県こども動物自然公園]生き物ってオモシロイ!!|今月のどうぶつ:ハツカネズミ

 

ハツカネズミ
学名:Mus musculus
生息地:世界中に広く分布
分類:ネズミ目(げっ歯目)ネズミ科

ポニー舎にいる動物たち

メンフクロウ フクロウ目 メンフクロウ科

名前のハツカの由来は…?

こども動物自然公園で、〝ハツカネズミ”はどこにいると思いますか? 実はポニー舎にいます。野生のハツカネズミは、草地や河原、荒れ地などのほか、人家や商業施設など、人間の生活環境の近くにも生息しています。

雑食性で穀物や果実なども食べるため、農家やポニー舎のような、家畜がいるところにもえさを求めてやってきます。そのような野生の姿を再現するために、こども動物自然公園ではポニー舎で展示をしています。  

ポニー舎天井の専用通路を移動中

ネズミというと白い体に赤い目を想像する方が多いと思いますが、実験やペット用として品種改良されたのが白いハツカネズミ。野生のハツカネズミの多くは茶色い体をしています。

ハツカネズミは、繁殖力が非常に強いのが特徴です。一度に2〜8頭の子どもを産み、1年に5〜10回出産します。ちなみに、妊娠期間が20日間なので「ハツカネズミ」と呼ばれています。

繁殖力が強いハツカネズミ

人との深い関わり

ネズミはきたないというイメージを持つ人も多いかもしれません。確かに野生のハツカネズミは、人家にすみ着き、農作物に害を及ぼしたり病気を運んだりすることがあります。

しかし一方では、薬や医療技術の発展、化粧品、食品添加物のなどの研究分野で、ほ乳類のモデル動物として広く動物実験に用いられ、人間のために役立てられているのもハツカネズミなのです。

ポニー舎に来た際は、ぜひハツカネズミも観察してみてください。

こども動物自然公園ニュース

当園40頭目のキリンの赤ちゃん誕生!

7月8日(木)にキリンのオスの赤ちゃんが生まれました。お母さんの「ステップ」は初産ということで心配していましたが、担当者に見守られながら無事に出産。赤ちゃんもとても健康そうで、いろいろなものに興味津々です。7月21日(水)から公開しています。元気なキリンの赤ちゃんをぜひ見に来てください。

 


写真提供:埼玉県こども動物自然公園

埼玉県こども動物自然公園
埼玉県東松山市岩殿554
TEL.0493-35-1234
https://www.parks.or.jp/sczoo/

 

エコチルとは?

エコチルとは、「エコロジーチルドレン」の造語で、
「子どもたちに、もっと環境に関心をもってもらえる機会をつくろう」
「地域社会と学校、家庭をエコでつなぐプラットフォームとなろう」
という思いから、札幌版を2006年、東京版を2013年に創刊いたしました。

地域社会(学校、家庭、行政、NPO、企業)をエコでつなぎ、「地球を守るためにできること」を子どもたちと一緒に考えていく−それが「エコチル」です。

創刊:2006年4月
部数:76万部(北海道版25万部 東京版31万部 横浜版20万部
頻度:毎月1回(北海道版 毎月中旬、東京版・横浜版 毎月上旬)
体裁:B判タブロイド、フルカラー、8P〜24P
配布:北海道版 北海道内 公立小学校約1040校(配布率99%)
   東京版 東京23区公立小学校約747校(配布率90%)
   横浜版 横浜市内18区の約343校
   ※その他 児童会館や公共施設などにも設置
(2019年2月時点)

※エコチルは、株式会社スクルーと提携している株式会社アドバコムが発行する機関紙です。
お問い合わせ

関連