令和時代のちょっととがった体験型イベント!『こどもエキスポ』 ★こどもたちのやってみたいを見つけよう★

本日は、エコチル横浜版2月号で紹介している、TBSラジオ主催の「令和時代のちょっととがった体験型イベント!『こどもエキスポ』★こどもたちのやってみたいを見つけよう★」の情報をお届けします!

こどもたちのときめく発見・体験がもりだくさん!
『こどもエキスポ』

12コの体験+参加型ステージ!親子で楽しめるステージエリアを中心に構成されています。未就学児童・保護者向けの体験コンテンツもあり、親子で1日を楽しめるイベントになっています。

日程 2020年2月11日(火・祝)
   ※こどもエキスポは2月11日(火・祝)のみの開催となります

時間 9:00〜18:00

会場 パシフィコ横浜 展示ホールA

対象 小学生以上(未就学児童参加可能なブースあり)

料金 小学生以上1,500円(エリア内フリー/税込)

 

詳しくはこちらから >>> https://radioexpo.jp/kodomo/

チケット情報はこちらこちらから >>> https://eplus.jp/radioexpo/

 

当日のご来場をお待ちしております。


主催:TBSラジオ
後援:横浜市、TBSテレビ、BS-TBS
制作協力:ディスクガレージ、いこーよ
協力:横浜中華街発展会協同組合、スカイファーム

エコチルとは?

エコチルとは、「エコロジーチルドレン」の造語で、
「子どもたちに、もっと環境に関心をもってもらえる機会をつくろう」
「地域社会と学校、家庭をエコでつなぐプラットフォームとなろう」
という思いから、札幌版を2006年、東京版を2013年に創刊いたしました。

地域社会(学校、家庭、行政、NPO、企業)をエコでつなぎ、「地球を守るためにできること」を子どもたちと一緒に考えていく−それが「エコチル」です。

創刊:2006年4月
部数:76万部(北海道版25万部 東京版31万部 横浜版20万部
頻度:毎月1回(北海道版 毎月中旬、東京版・横浜版 毎月上旬)
体裁:B判タブロイド、フルカラー、8P〜24P
配布:北海道版 北海道内 公立小学校約1040校(配布率99%)
   東京版 東京23区公立小学校約747校(配布率90%)
   横浜版 横浜市内18区の約343校
   ※その他 児童会館や公共施設などにも設置
(2019年2月時点)

※エコチルは、株式会社スクルーと提携している株式会社アドバコムが発行する機関紙です。
お問い合わせ

関連