[天王寺動物園]生き物ってオモシロイ!!|今月のどうぶつ:野間馬

 

野間馬
学名:Equus caballus ‘noma’ (domestic)
英名:Noma Horse
生息地:愛媛県今治市
分類:奇蹄目 ウマ科

採血のトレーニングをする福くん

日本在来馬の 野間馬「誕生秘話」

野間馬は、主に野間(愛媛県今治市)で飼育されている、体高110〜120㎝、体重は約160㎏の日本在来馬の中で一番小さな馬です。体に対して頭が大きく、ずんどうで、たてがみが多く、毛色は栗毛や鹿毛が多いのが特徴です。

江戸時代に、松平定行というお殿様が農家に馬の繁殖を命じ、体高121㎝以上の馬は合戦のために買い取られ、それより小さな馬は農家に無償で返されました。その結果、農家では小さな馬同士で繁殖が進み、野間馬が誕生したといわれています。

足の裏堀りをしている様子

毎日欠かせない“お手入れ” お散歩で運動不足を解消!

天王寺動物園の福(23歳・オス)は、乾草や青草などの葉っぱを中心に、リンゴなどの果物も食べて暮らしています。馬は、私たちでいう中指1本だけで立っているのですが、その先端には蹄という、つめのような器官が付いています。

このつめの間に、ごみや土がつまってしまうと、病気の原因となる可能性があるため、毎日そのよごれをかき出す「裏掘り」というお手入れが欠かせません。その他にも、健康管理のために、蹄の水分の出入りを防ぐ「蹄油」をぬったり、ブラッシング、検温、目薬や採血のトレーニングなどをしたりしています。 

夕方には、運動不足解消のため、園内を半周から1周ほど散歩します。お散歩中は近づきすぎるとびっくりしてしまうので、優しく見守ってくださいね。

全てのケアやトレーニングに欠かせないセット

 

天王寺動物園ニュース

ナルくん、お誕生日おめでとう!

エランドのナルくんが、8月27日(金)で1才になりました!  
今では、母親のルナに勝負をいどむこともあるほど、身体が大きくなりました。首の胸垂と呼ばれる皮ふの垂れ下がりや、角も際立ってきています。今まさに成長中のナルくんを、みなさんで温かく見守ってください。

 


写真提供:天王寺動物園

天王寺動物園
〒543-0063 大阪市天王寺区茶臼山町1-108 
TEL:06-6771-8401 
https://www.tennojizoo.jp/
協力・監修天王寺動物園

 

エコチルとは?

エコチルとは、「エコロジーチルドレン」の造語で、
「子どもたちに、もっと環境に関心をもってもらえる機会をつくろう」
「地域社会と学校、家庭をエコでつなぐプラットフォームとなろう」
という思いから、札幌版を2006年、東京版を2013年に創刊いたしました。

地域社会(学校、家庭、行政、NPO、企業)をエコでつなぎ、「地球を守るためにできること」を子どもたちと一緒に考えていく−それが「エコチル」です。

創刊:2006年4月
部数:76万部(北海道版25万部 東京版31万部 横浜版20万部
頻度:毎月1回(北海道版 毎月中旬、東京版・横浜版 毎月上旬)
体裁:B判タブロイド、フルカラー、8P〜24P
配布:北海道版 北海道内 公立小学校約1040校(配布率99%)
   東京版 東京23区公立小学校約747校(配布率90%)
   横浜版 横浜市内18区の約343校
   ※その他 児童会館や公共施設などにも設置
(2019年2月時点)

※エコチルは、株式会社スクルーと提携している株式会社アドバコムが発行する機関紙です。
お問い合わせ

関連