【食育特集】みんなのお気に入りメニューは? もっと知りたい給食のこと!

みんながお昼に食べている給食はいつ始まったのかな?

誰がメニューを考えているのかな?

1月24日(水)から1月30日(火)までの全国学校給食週間を機に、給食についていろいろと考えてみよう!

 

時代とともに変わる給食の役割

明治22年に始まった学校給食。戦争で中断され、戦後は食料も不足していたことから、栄養失調の子どもたちが多かった。そのころの小学校6年生は、現在の小学校4年生くらいの大きさだったんだ。

その様子を見たアメリカやララ(アジア救済委員)などから援助が送られ、給食が再開。こういった歴史をふり返り、給食についてより理解を深めようというのが、”全国学校給食週間“の7日間なんだよ。

また、今の給食は栄養摂取の他、食事のマナーを学ぶ、地域でとれた野菜や農業への関心を高めるなど、役割も変わってきている。

みんなも自分たちの学校の給食を調べてみよう。おいしく、楽しく食べられる工夫がギュッとつまっているはず!

 

みんなの大好きな給食メニューはこれ!

お便りコーナーに寄せられた、みんなの大好きな給食メニューを集計して、ランキングにしたよ。

みんなのお気に入りメニューはランキングに入っているかな?

 

1位カレーライス

2位ラーメン

3位アイスクリーム

4位 ジャンボぎょうざ/あげパン

5位 フルーツポンチ

 

その他

ミートソース、ビビンパ、abcスープ、メキシコ料理、ブラジル料理、シンガポールチキンライス、大学イモ、ポタージュ、キムチチャーハン、シチュー、ホタテのクリームソース、パリパリサラダ、メロン、ガトーショコラ、イカのオイル焼きなど

 

1位のカレーライスを3大栄養グループに分けてみる!

代表的な具材:肉、米、なたね油、小麦粉、ジャガイモ、タマネギ、ニンジン、リンゴ、トマト、砂糖、牛乳


出典元:小学生用食育教材「たのしい食事つながる食育

エコチルとは?

エコチルとは、「エコロジーチルドレン」の造語で、
こどもたちがもっと環境に関心をもてるように身近に考えてもらえる機会をつくろう!
地域社会と学校、家庭をエコでつなぐプラットフォームとなろう!
そんな想いからスタートしました。


ゼロからスタートしたエコチルづくりでしたが、各企業、行政、学校関係者の方々のご協力を頂き、札幌版2006年4月、東京版2013年4月に第一号を無事創刊しました。
札幌市内197校の小学校と児童会館、東京都23区760校の小学校に毎月配布させていただいております。
(2017年3月現在)

エコチルでは、オールフルカラー8~20ページの紙面に環境についての特集をはじめ、各学校で取り組まれている環境教育の紹介や、地球から影響をうけるからだのはなし、ワードクイズやエコマンガ、地域のエコ活動や環境イベント情報などをふんだんに盛り込み、こどもたちが楽しく環境活動を学べるようページ構成をしています。

※エコチルは、株式会社スクルーと提携している株式会社アドバコムが発行する機関紙です。
お問い合わせ

関連