【食育特集】みんなのお気に入りメニューは? もっと知りたい給食のこと!

みんながお昼に食べている給食はいつ始まったのかな?

誰がメニューを考えているのかな?

1月24日(水)から1月30日(火)までの全国学校給食週間を機に、給食についていろいろと考えてみよう!

 

時代とともに変わる給食の役割

明治22年に始まった学校給食。戦争で中断され、戦後は食料も不足していたことから、栄養失調の子どもたちが多かった。そのころの小学校6年生は、現在の小学校4年生くらいの大きさだったんだ。

その様子を見たアメリカやララ(アジア救済委員)などから援助が送られ、給食が再開。こういった歴史をふり返り、給食についてより理解を深めようというのが、”全国学校給食週間“の7日間なんだよ。

また、今の給食は栄養摂取の他、食事のマナーを学ぶ、地域でとれた野菜や農業への関心を高めるなど、役割も変わってきている。

みんなも自分たちの学校の給食を調べてみよう。おいしく、楽しく食べられる工夫がギュッとつまっているはず!

 

みんなの大好きな給食メニューはこれ!

お便りコーナーに寄せられた、みんなの大好きな給食メニューを集計して、ランキングにしたよ。

みんなのお気に入りメニューはランキングに入っているかな?

 

1位カレーライス

2位ラーメン

3位アイスクリーム

4位 ジャンボぎょうざ/あげパン

5位 フルーツポンチ

 

その他

ミートソース、ビビンパ、abcスープ、メキシコ料理、ブラジル料理、シンガポールチキンライス、大学イモ、ポタージュ、キムチチャーハン、シチュー、ホタテのクリームソース、パリパリサラダ、メロン、ガトーショコラ、イカのオイル焼きなど

 

1位のカレーライスを3大栄養グループに分けてみる!

代表的な具材:肉、米、なたね油、小麦粉、ジャガイモ、タマネギ、ニンジン、リンゴ、トマト、砂糖、牛乳


出典元:小学生用食育教材「たのしい食事つながる食育

エコチルとは?

エコチルとは、「エコロジーチルドレン」の造語で、
「子どもたちに、もっと環境に関心をもってもらえる機会をつくろう」
「地域社会と学校、家庭をエコでつなぐプラットフォームとなろう」
という思いから、札幌版を2006年、東京版を2013年に創刊いたしました。

地域社会(学校、家庭、行政、NPO、企業)をエコでつなぎ、「地球を守るためにできること」を子どもたちと一緒に考えていく−それが「エコチル」です。

創刊:2006年4月
部数:76万部(北海道版25万部 東京版31万部 横浜版20万部
頻度:毎月1回(北海道版 毎月中旬、東京版・横浜版 毎月上旬)
体裁:B判タブロイド、フルカラー、8P〜24P
配布:北海道版 北海道内 公立小学校約1040校(配布率99%)
   東京版 東京23区公立小学校約747校(配布率90%)
   横浜版 横浜市内18区の約343校
   ※その他 児童会館や公共施設などにも設置
(2019年2月時点)

※エコチルは、株式会社スクルーと提携している株式会社アドバコムが発行する機関紙です。
お問い合わせ

関連