[エコなひと]ガラスびん3R促進協議会 理事 事務局長 田中 希幸さん

 

今回、お話をうかがったのは、ガラスびん3R促進協議会の田中希幸さんです。ガラスびんの3R普及の取り組みや、ガラスびんの優れている点など、いろいろなお話をしてくれました。

今月のテーマ:ガラスびんの3Rを 多くの人に知ってもらいたい

ガラスびんの3Rを広く知ってもらい、多くの人に理解・協力してもらうことで、地球の環境を守っていきたい。

ガラスびん3R促進協議会 理事 事務局長
田中 希幸さん

東京都出身。2018年にガラスびん3R促進協議会事務局長就任。資源循環型社会をつくるために、多くの人にガラスびんの3Rを知って、協力してもらえるよう活動している。

3R全てに対応している 容器はガラスびんだけ!

ガラスびん3R促進協議会は、ガラスびんの3R(厚みをうすくして軽くする〝リデュース〟、洗ってくり返し使う〝リユース〟、細かくくだいて原料にもどす〝リサイクル〟)を多くの人に知ってもらい、協力してもらうために、公式サイトからの情報発信、イベントへの参加、ポスターやノベルティ、パンフレットの作成など、さまざまな活動をしています。

「3R全てに対応している容器は、実はガラスびんしかありません。例えば、ガラスびんのリデュースでは、びんの厚みがうすくなることで、大切な天然資源の節約ができ、軽量化によって製造と輸送のエネルギーを減らすことができます。リユースもリサイクルも、資源とエネルギーの節約につながるだけでなく、排出されるCO2の量も減り、地球温暖化防止につながっているんですよ」と、田中さんは話してくれました

積極的にガラスびんを使っていこう!

さらに、田中さんはこう付け加えます。

「ガラスびんに入った商品を積極的に買うことや、使い終わったガラスびんを各自治体のルールを守って資源物として出すことが、地球環境を守ることにつながっています。地球の未来のことを考え、ぜひガラスびんを使ってください」。

エコチルとは?

エコチルとは、「エコロジーチルドレン」の造語で、
「子どもたちに、もっと環境に関心をもってもらえる機会をつくろう」
「地域社会と学校、家庭をエコでつなぐプラットフォームとなろう」
という思いから、札幌版を2006年、東京版を2013年に創刊いたしました。

地域社会(学校、家庭、行政、NPO、企業)をエコでつなぎ、「地球を守るためにできること」を子どもたちと一緒に考えていく−それが「エコチル」です。

創刊:2006年4月
部数:76万部(北海道版25万部 東京版31万部 横浜版20万部
頻度:毎月1回(北海道版 毎月中旬、東京版・横浜版 毎月上旬)
体裁:B判タブロイド、フルカラー、8P〜24P
配布:北海道版 北海道内 公立小学校約1040校(配布率99%)
   東京版 東京23区公立小学校約747校(配布率90%)
   横浜版 横浜市内18区の約343校
   ※その他 児童会館や公共施設などにも設置
(2019年2月時点)

※エコチルは、株式会社スクルーと提携している株式会社アドバコムが発行する機関紙です。
お問い合わせ

関連