黄色いBOXはリサイクルへの入口!小型充電式電池を知ろう

小型充電式電池って何?

みんなは、小型充電式電池を知っているかな? 小型充電式電池は一度の使用で捨てられる〝一次電池〟とはちがい、繰り返し充電して使える〝二次電池〟のことなんだ。この小型充電式電池には、ニカド電池、ニッケル水素電池、リチウムイオン電池などの種類があり、携帯ゲーム機や電動歯ブラシ、デジタルカメラ、電動アシスト自転車など、みんなの身近にある電気製品に多く使われているよ。
 

生まれ変わる小型充電式電池

そして、小型充電式電池が一次電池と大きく異なるのが、リサイクラー(リサイクル工場や再資源化処理業者)に集められ、さまざまな工程を経た後、ニッケル、鉄、カドミウム、コバルトといった貴重な資源に再び生まれ変わる点。これらはフォークやスプーンなどのステンレス製品を始めとして、磁石やニカド電池の材料、ジェット機のエンジンなど、いろいろな製品になっている。小型充電式電池は地球に優しい電池といえるね。

ただ、小型充電式電池は不燃ゴミには出せないんだ。家電量販店やスーパーマーケット、ホームセンター、自転車店など、約2万1千店のリサイクル協力店に持っていってね。黄色の〝小型充電式電池リサイクルBOX〟が目印だよ。自分たちの未来のため、貴重な資源を有効に使うために、きちんとリサイクルしようね。

 

リサイクルBOXがあるお店はここから検索! >>> https://www.jbrc.com/general/recycle_kensaku/

 

くわしくは >>> 一般社団法人JBRC まで

エコチルとは?

エコチルとは、「エコロジーチルドレン」の造語で、
こどもたちがもっと環境に関心をもてるように身近に考えてもらえる機会をつくろう!
地域社会と学校、家庭をエコでつなぐプラットフォームとなろう!
そんな想いからスタートしました。


ゼロからスタートしたエコチルづくりでしたが、各企業、行政、学校関係者の方々のご協力を頂き、札幌版2006年4月、東京版2013年4月に第一号を無事創刊しました。
札幌市内197校の小学校と児童会館、東京都23区760校の小学校に毎月配布させていただいております。
(2017年3月現在)

エコチルでは、オールフルカラー8~20ページの紙面に環境についての特集をはじめ、各学校で取り組まれている環境教育の紹介や、地球から影響をうけるからだのはなし、ワードクイズやエコマンガ、地域のエコ活動や環境イベント情報などをふんだんに盛り込み、こどもたちが楽しく環境活動を学べるようページ構成をしています。

※エコチルは、株式会社スクルーと提携している株式会社アドバコムが発行する機関紙です。
お問い合わせ

関連