【開催報告】おいしい料理が作れたよ!お砂糖を使って親子ペアでコクうま料理を作ろう!「日新製糖 親子料理教室」

2018年3月10日(土)の”砂糖の日”に、”お砂糖を使って親子でコクうま料理を作ろう!「日新製糖 親子料理教室」”が、おいしいのつくりかたキッチンスタジオで開催。9組18名の親子が参加しました。

先生は、予約の取れない店と評判の和食店”賛否両論”の店主、笠原将弘さんです。

まず、笠原先生は、日新製糖の”きび砂糖”や”フロストシュガー”を使った、「手綱こんにゃくの鶏そぼろ煮」「春野菜のかき卵汁」「まぐろ手まり寿司」「豆腐白玉、煮いちごがけ」の4品を紹介し、実際に作ってみせてくれました。

さぁ、次はみんなの番です。「まぐろ手まり寿司」「豆腐白玉、煮いちごがけ」の2品に挑戦!丸めたご飯が大きくなりすぎた、盛り付けが難しいなど、さまざまな声が聞かれましたが、どの子もみんな大きな笑顔。自分が作った料理は、大変さのかくし味が加わり、よりおいしくなったようです。

いろいろなことが学べた料理教室でした。

 


日新製糖株式会社

エコチルとは?

エコチルとは、「エコロジーチルドレン」の造語で、
「子どもたちに、もっと環境に関心をもってもらえる機会をつくろう」
「地域社会と学校、家庭をエコでつなぐプラットフォームとなろう」
という思いから、札幌版を2006年、東京版を2013年に創刊いたしました。

地域社会(学校、家庭、行政、NPO、企業)をエコでつなぎ、「地球を守るためにできること」を子どもたちと一緒に考えていく−それが「エコチル」です。

創刊:2006年4月
部数:76万部(北海道版25万部 東京版31万部 横浜版20万部
頻度:毎月1回(北海道版 毎月中旬、東京版・横浜版 毎月上旬)
体裁:B判タブロイド、フルカラー、8P〜24P
配布:北海道版 北海道内 公立小学校約1040校(配布率99%)
   東京版 東京23区公立小学校約747校(配布率90%)
   横浜版 横浜市内18区の約343校
   ※その他 児童会館や公共施設などにも設置
(2019年2月時点)

※エコチルは、株式会社スクルーと提携している株式会社アドバコムが発行する機関紙です。
お問い合わせ

関連