【エコなひと】便秘に困っている人の悩みを解消したいと、さまざまな活動を通じて、うんちや浣腸の仕組みを普及させる|イチジク製薬株式会社 三宅 貴子さん

今回、お話をうかがったのは、イチジク製薬株式会社の三宅貴子さんです。便秘についてきちんと知ってほしいと、出張授業や便秘の勉強会など、さまざまな活動を行なっています。

 

今月のテーマ:便秘に困らない世界を作っていきたい

 

便秘に困っている人の悩みを解消したいと、

さまざまな活動を通じて、うんちや浣腸の仕組みを普及させる

イチジク製薬株式会社 情報企画部 企画課課長
三宅 貴子さん

2015年、イチジク製薬入社。2016年に情報企画課 課長、2017年に情報企画課長 海外推進室室長となる。

 

環境に配慮した安心・安全の製品を

イチジク製薬は東京都墨田区に本社と工場を構え、90年以上前から浣腸を作っています。浣腸とは、うんちが出ないときに使う薬で、赤ちゃんから大人まで、多くの人が使うことができます。また、ただ浣腸を製造するだけでなく、心がけているのが、〝環境に優しい製品作り〟。

「エネルギー使用量の削減を目的として、夏はエアコンの温度を少し高めに設定し、扇風機と組み合わせて使っています。また、不良品となった箱や段ボールはリサイクルに回します」と、三宅さんは工場での取り組みを話してくれました。
 

朝ごはんと朝うんちで1日を元気に過ごす

そして、便秘や浣腸についてもっと知ってもらいたいと、地元の小学生向けの社会科見学、都内の児童館に出向いての出張授業、近隣住民の方への便秘教室と、その活動はさまざまです。

「小学生の5人に1人が便秘状態にあるといわれているのに、浣腸を知らない人もたくさん。その橋渡し役として生まれたキャラクター〝かんちゃん〟が登場する『うんち体操』の動画を配信し、子どもの便秘解消活動に取り組んでいます。

朝は元気の源です。みんなには、朝ごはんをしっかり食べ、〝早寝、早起き、朝ごはん、朝うんち〟を合言葉に、1日を元気に過ごしてほしいです」  

エコチルとは?

エコチルとは、「エコロジーチルドレン」の造語で、
こどもたちがもっと環境に関心をもてるように身近に考えてもらえる機会をつくろう!
地域社会と学校、家庭をエコでつなぐプラットフォームとなろう!
そんな想いからスタートしました。


ゼロからスタートしたエコチルづくりでしたが、各企業、行政、学校関係者の方々のご協力を頂き、札幌版2006年4月、東京版2013年4月に第一号を無事創刊しました。
札幌市内197校の小学校と児童会館、東京都23区760校の小学校に毎月配布させていただいております。
(2017年3月現在)

エコチルでは、オールフルカラー8~20ページの紙面に環境についての特集をはじめ、各学校で取り組まれている環境教育の紹介や、地球から影響をうけるからだのはなし、ワードクイズやエコマンガ、地域のエコ活動や環境イベント情報などをふんだんに盛り込み、こどもたちが楽しく環境活動を学べるようページ構成をしています。

※エコチルは、株式会社スクルーと提携している株式会社アドバコムが発行する機関紙です。
お問い合わせ

関連