釧路市動物園 だより|今月の動物:オタリア

釧路市動物園の飼育員さんが、動物や動物園、自然について紹介します。

取り上げる動物は…『オタリア』

食肉目 アシカ科
【生息地】 南米のペルー、チリ、アルゼンチン、ウルグアイなど沿岸

釧路市動物園では、オス1頭、メス4頭を飼育しています。

まるでライオンみたい!?

オタリアは、ギリシャ語で「耳が小さい」という意味で、目の横に小さな耳たぶがあります。南米の沿岸に生息し、前足も後足もヒレのように進化した鰭脚類の仲間です。同じ仲間のアシカが、水族館で輪を上手にキャッチしている姿を想像できるでしょうか。オタリアも同じような姿勢をします。ヒレのように見えるのは、しっかりと指とつめがある手と足です。  

オスは大人になると首の周りに毛が生え、まるでライオンのたてがみのように見えることから、英語ではシーライオン(海のライオン)と呼ばれています。1頭のオスと何頭ものメスとで群れをつくります。釧路市動物園では主にホッケをあたえており、1日に5頭で約60 kgも食べます。

体重はオスで300kgぐらい、メスはその半分ぐらい

 

オタリアの繁殖と子育て

妊娠期間はおよそ1年。水中で暮らす仲間たちは、オスとの出会いが少ないので、出産するとすぐに次の繁殖の準備をし、お腹に次の赤ちゃんを宿しますが、すぐには大きくなりません。生息地(南半球)での繁殖は12〜1月ですが、日本では7〜8月です。  

昨年7月に「うるる」が出産し、12年ぶりに赤ちゃんが誕生しました。子はメスで、愛称を募集して「くるる」と名付けられました。  

今年7月には、おたる水族館からメスの「ハナ」が繁殖のために来園。動物園や水族館では、飼育できる動物の数が限られているので、ブリーディングローンといって動物を移動し合って繁殖を進めます。オスの「トキ」を貸してもらっている姫路市立動物園とおたる水族館、釧路市動物園で協力して、1頭でも多く数を増やせるよう取り組んでいます。

母の「うるる」と生まれたばかりの「くるる」

くしろニュース

「アルパカの赤ちゃんが誕生!」

5月27日(木)に生まれたアルパカの赤ちゃんは、白い体に茶色いおしりの男の子。名前は「アンバー」。琥珀という宝石にちなんで名付けられました。動物園で動物たちの愛称を探してみるのもおもしろいですよ!

教えて!飼育員さん

飼育員さんが、みんなからの質問に答えるよ!

Q.タンチョウの首はどうなっているの?

A.タンチョウの首の骨は約17個あり、筋肉で支えられています。また首には、食べ物が通る食道と、呼吸のための気管が通っています。首は、遠くを見たり、地面のえさを食べたりしやすくするために、長くなったと考えられています。

 


協力・監修/釧路市動物園
釧路市阿寒町下仁々志別11番
TEL. 0154-56-2121
https://www.city.kushiro.lg.jp/zoo

エコチルとは?

エコチルとは、「エコロジーチルドレン」の造語で、
「子どもたちに、もっと環境に関心をもってもらえる機会をつくろう」
「地域社会と学校、家庭をエコでつなぐプラットフォームとなろう」
という思いから、札幌版を2006年、東京版を2013年に創刊いたしました。

地域社会(学校、家庭、行政、NPO、企業)をエコでつなぎ、「地球を守るためにできること」を子どもたちと一緒に考えていく−それが「エコチル」です。

創刊:2006年4月
部数:76万部(北海道版25万部 東京版31万部 横浜版20万部
頻度:毎月1回(北海道版 毎月中旬、東京版・横浜版 毎月上旬)
体裁:B判タブロイド、フルカラー、8P〜24P
配布:北海道版 北海道内 公立小学校約1040校(配布率99%)
   東京版 東京23区公立小学校約747校(配布率90%)
   横浜版 横浜市内18区の約343校
   ※その他 児童会館や公共施設などにも設置
(2019年2月時点)

※エコチルは、株式会社スクルーと提携している株式会社アドバコムが発行する機関紙です。
お問い合わせ

関連