[エコプロ2019]持続可能な社会の実現に向けて|環境に優しい緑ナンバートラックのことを知ろう!|一般社団法人 東京都トラック協会

環境に配慮した製品やサービスがたくさん紹介されている展示会だよ。今年は「持続可能な社会の実現に向けて」をテーマに、さまざまなブースが出展され、イベントも満載。その一部を紹介するね。

エコプロ2019 持続可能な社会の実現に向けて

日   時 12/5(木)・6(金)・7(土)

会   場 東京ビッグサイト 西ホール

入場料 無料

主催/一般社団法人 産業環境管理協会、日本経済新聞社

エコなものが、いろいろ買える!

安心・安全な食材を使ったエコごはんや、楽しくておしゃれなエコライフを応援するショッピングも楽しめるんだ。

環境活動の紹介が学びの場に!

NPOやNGO、大学・教育機関の環境活動発表もあり、小学生の校外学習の場として、毎年活用されているよ。

多彩なトークショー&シンポジウム

環境に関する分野の著名人によるトークショーやライブ、大人向けのシンポジウムも開催されるよ。

エコを体験する機会も!

3つのブースを見学し、最後にまとめ学習を行う“エコプロエコキッズ探検隊” や“森林から
はじまるエコライフ展2019”など、体験メニューがたくさん!

西2ホール|一般社団法人 東京都トラック協会
環境に優しい緑ナンバートラックのことを知ろう!

東京都トラック協会は、営業用トラックの運送事業者が約3,300社(合計車両数は約80,000台)加盟する団体です。営業用トラックは、ナンバープレートの色が緑色であることから、“緑ナンバートラック”と呼ばれ、毎日、私たちの生活に欠かせない荷物を運んでいます。

また、台風や大地震、火山噴火といった自然災害が発生したときには、被災地へ “救援物資輸送”を行っています。

今回は、緑ナンバートラックが実践するエコドライブ活動『グリーン・エコプロジェクト』について紹介します。これは、「ゆっくり発進・ゆっくり停止」を心掛けた運転方法で燃料の使用量を減らし、CO2の排出量を抑える取り組みです。省エネ・地球温暖化対策に力を注ぐ優しいトラックのことが学べるので、家族やお友達といっしょに来てくださいね!

“環境に優しい運送事業者の証”

このブルーのステッカーは、エコドライブを行う緑ナンバートラックの約19,000台がはっています。その中の約13,000台には、東京都から環境最優良事業者として認められた、貨物輸送評価制度の星マークステッカーもはってあります。

ブースでは、この取り組みをパネル展示などで紹介しますので、緑ナンバートラックの環境に優しい活動について学んでみましょう。

 アンケートとクイズ

緑ナンバートラックのことや、『グリーン・エコプロジェクト』の取り組みについて、クイズとアンケートを行います。クイズのヒントは、ブースのどこかにかくれています。答えてくれた人には、東京都トラック協会のオリジナルグッズをプレゼントします! お楽しみに!

さらに、「エコチルを見た」と言ったら、何かあるかも!?

 


一般社団法人 東京都トラック協会
東京都新宿区四谷3-1-8
『グリーン・エコプロジェクト』専用URL http://www.tta-gep.jp

https://www.totokyo.or.jp

エコチルとは?

エコチルとは、「エコロジーチルドレン」の造語で、
「子どもたちに、もっと環境に関心をもってもらえる機会をつくろう」
「地域社会と学校、家庭をエコでつなぐプラットフォームとなろう」
という思いから、札幌版を2006年、東京版を2013年に創刊いたしました。

地域社会(学校、家庭、行政、NPO、企業)をエコでつなぎ、「地球を守るためにできること」を子どもたちと一緒に考えていく−それが「エコチル」です。

創刊:2006年4月
部数:76万部(北海道版25万部 東京版31万部 横浜版20万部
頻度:毎月1回(北海道版 毎月中旬、東京版・横浜版 毎月上旬)
体裁:B判タブロイド、フルカラー、8P〜24P
配布:北海道版 北海道内 公立小学校約1040校(配布率99%)
   東京版 東京23区公立小学校約747校(配布率90%)
   横浜版 横浜市内18区の約343校
   ※その他 児童会館や公共施設などにも設置
(2019年2月時点)

※エコチルは、株式会社スクルーと提携している株式会社アドバコムが発行する機関紙です。
お問い合わせ

関連