グローバルに活躍する子を育てる

将来はグローバルに活躍する子供に育ってほしい!そんな夢を持っているご両親は結構多いのではないでしょうか?

そんな時に必ず必要になるのが英語力。小学校でも英語の授業が必修化されるという動きがありますが、今の子供たちが大人になる頃には、英語力の重要性は今以上に大きくなっていることでしょう。とはいえ、両親とも英語が苦手な家庭では、どのように英語を身につけさせたら良いのか分からないものです。ここでは、英語を学べる教室など、どういった種類があるのかをご紹介します。

・プリスクール、英語学童
英語の保育園です。英語を学ぶのではなく、英語を日常会話として様々な活動を行います。小学校低学年まで学童保育を行なっている教室もあります。一般的な保育園よりも料金は高くなりますが、ネイティブに近い英語を幼少期から身につけられるので人気が高まっています。

・英語学校
英語学校も英語を使って学ぶ学校です。幼児だけでなく小学生から高校生まで。帰国子女向けのクラスを開講している学校もあります。

・個人経営や小規模の英会話教室
英語を学ぶ教室です。小規模の教室では、習熟度に合わせてカリキュラムを柔軟に組み替えてくれる場合があり、ひとつの魅力と言えるでしょう。

・大手の英会話教室
英語を学ぶ教室です。充実した教材や設備を持ち、先生も一定のレベルをパスした方ばかりなので安心です。

・家庭でできる英語学習
英語を習得するには英語に接する時間を出来るだけ増やすことが大切です。外国のアニメ映画などを英語音声で見せたり、動画共有サイトにある海外の子供向け番組を見せたり。家庭でも英語の環境を作ってあげると、英語の習得スピードはぐんと早くなります。