秩父屋台囃子太鼓教室 109教室

住所: 東京都町田市原町田6-8-1 町田109 7F 音楽室
お気に入り
電話番号: 080-6543-3677
★ユネスコの無形文化遺産に登録された『秩父夜祭』で打たれている伝統芸能の太鼓をあなたも打ってみませんか!! 秩父屋台囃子

ユネスコの無形文化遺産に登録された『秩父夜祭』
毎年12月3日に大祭が行われ、多いときで30万人以上の見物客が訪れるその夜祭には、重さ最大20トンもある6台の豪華絢爛な山車(だし)が市内を曳行されます。
そしてその山車の中で打たれている太鼓が秩父屋台囃子です。

秩父屋台囃子は、和太鼓のプロ集団である鬼太鼓座や鼓童によって「屋台囃子」と称して演奏され、その素晴らしい和太鼓演奏が国内はもとより、世界中に広まりました。
その影響もあり、秩父夜祭が多くの人に知れることになり、観光客が増えて少なからず秩父もその恩恵を受けました。
しかし、屋台囃子がステージ演奏用にアレンジされ、それを多くの和太鼓グループが手本として真似たため、本来の屋台囃子とはかけ離れたものが広く演奏されるようになりました。

秩父屋台囃子太鼓教室ではそういった創作とは違い、本場・秩父で打たれている本物の屋台囃子をお教えしています。

秩父屋台囃子の魅力・・・それはなんといっても、あの一度聴いたら忘れなれなくなる太鼓です。
小太鼓(締太鼓)の軽快なリズムに乗せて打たれる大太鼓は、郷土芸能の祭り囃子の中でも他には類を見ないほどテンポ良い・豪快な太鼓です。
そこに笛や鉦が加わって、日本中どこを探してもこれほどの祭り囃子はないと称されるお囃子になります。
「秩父屋台囃子は和太鼓のあらゆるリズムをこれ以上ないほどに駆使した名曲である…」と和太鼓の評論家がいいました。
多くの和太鼓グループがこぞって真似たがるのもうなずけます。

秩父屋台囃子は、大太鼓・小太鼓・篠笛・鉦(チャンチキ)で構成されています。
その中でも小太鼓は、複数人で叩いて拍子(リズム)を刻みますので、息を合わせて正確に叩かないと拍子がバラけてしまいます。
(演奏が乱れて合わなくなることを秩父では「グレる」といいます)
実は、秩父屋台囃子はこの小太鼓の拍子が肝であり、大太鼓の節(フレーズ)はすべてこの小太鼓の拍子に連動して作られているのです。

秩父屋台囃子太鼓教室では、まず屋台囃子の肝となる小太鼓の拍子打ちからスタートします。
そして、小太鼓の拍子がある程度打てるようになると、次に大太鼓へと進みます。
そして大太鼓が難なく打てるようになると、最後は小太鼓の「玉入れ」へと進みます。
秩父屋台囃子太鼓教室では、初心者の方でも最終的に屋台囃子の各パートが一通り打てるようになるまでご指導しています。
あなたも伝統芸能の太鼓である秩父屋台囃子をやってみませんか!!
ぜひ一緒に演奏を楽しみましょう♪

109教室
秩父屋台囃子太鼓教室は、ショッピングモールが建ち並ぶ町田駅繁華街のど真ん中にあるファッションビル「町田109」の7F・音楽室でお稽古しています。
小田急線町田駅やJR横浜線町田駅より徒歩1~2分とアクセスが抜群に良いため、都内や他県から来られている方もいらっしゃいます。

【教室料金】 1回:2時間~
お一人様 3,000円
子供割引 2,000円 ※小学生対象。親も一緒に入会されている場合。
※入会金は不要です。
※お月謝制ではありませんので教室に来られたときだけ料金をお支払いください。
※バチは購入する必要はありません。すべてこちらでお貸しします。

【小太鼓の拍子】
秩父屋台囃子の小太鼓の拍子(リズム)は「テケテッケ」と打ちます。
多くの和太鼓グループのように「テケテケ(トコトコ)」と左右均等に打つ単純な2拍子の連打ではありません。
「テ (右)・ケ (左)・テッ (右)・ケ (左)」と4打で打つのです。
それを続けて、テケテッケテケテッケテケテッケテケテッケ・・・と打ち続けます。
これがかなり苦戦します。
秩父屋台囃子の小太鼓の拍子は、他の郷土芸能の太鼓には類を見ない・秩父にだけしかない独特な拍子です。

【大太鼓】
大太鼓の節 (フレーズ) は大きく分けて「ぶっつけ」「大波」「小波」「ドコンドコン」「打ち込み」「ぶっきり」などから構成されています。
実際の演奏では、1人の打ち手が大波・小波を2~3回くらい打って、次の人へバトンタッチしていくというのが一般的なパターンです。
大太鼓は(基本となる節から大きく外れなければ)どのように打っても自由なので、打ち手はそれぞれ自分自身の屋台囃子を打ち、他人との違いを表現します。
いずれにしても、大太鼓は小太鼓の拍子にしっかり乗せて打つことが大事です。

【玉入れ】
玉入れは屋台囃子の集大成です。玉入れはコロコロと玉を転がすように軽快に打ちます。
玉入れにも大太鼓と同じように「大波」「小波」があります。
但し、打ち方は同じではありません。
玉入れにも基本となる節があり、大太鼓同様(それを大きく外れなければ)どう打っても自由なので、打ち手によって演奏が違います。打ち手のセンスと技のみせどころです。
実際に山車の中で打たれる玉入れは、重さ最大20トンもある山車がギリ廻しされるときに打たれますので、ギリ廻しに時間がかかった場合、1人の打ち手が10分以上打つ場合があります。

【教室内容】
秩父屋台囃子太鼓教室では、まず小太鼓の拍子打ちからスタートします。
小太鼓の「テケテッケ」の拍子は秩父屋台囃子の肝なので、必ず毎回お稽古します。
テケテッケの拍子がある程度打てるようになると、次に大太鼓へと進みます。
大太鼓は屋台囃子のメインの太鼓です。思う存分打ち鳴らすことができる一人舞台です。豪快に打ってください。
大太鼓が打てるようになると、鉦をお教えします。
既に小太鼓・大太鼓が打てるようになっていますので、鉦は比較的簡単に感じます。
そして最後は小太鼓の「玉入れ」へと進みます。
玉入れは秩父屋台囃子の集大成です。打ち手のセンスと技のみせどころです。
このように、屋台囃子太鼓教室では「小太鼓の拍子打ち」→「大太鼓」→「鉦」→「小太鼓の玉入れ」と1つ1つ順を追って進んでいきますので、初心者の方でも確実に屋台囃子の各パートが習得できます。
『今まで一度も太鼓を叩いたことがない』という初心者の方、大歓迎です。年齢も不問です。
まずは「体験申込」をして一度体験にお越しください。
また、和太鼓経験者や、現在和太鼓をやっているという方も大歓迎です。
ぜひ当教室で本物の屋台囃子を習得してください。

太鼓 屋台囃子太鼓 小太鼓
LINEで送る
メールで送る
お気に入り
レッスン名
対象年齢
開催日概要
料金
体験レッスン
体験レッスン
対象年齢小学1年〜大人
開催日時教室日程の詳細は公式ホームページをご参照ください。
詳細を見る
<こんなことが体験できます>
秩父屋台囃子の小太鼓の拍子(リズム)打ちが体験できます。

<こんな風に教えます>
先輩たちにも入ってもらいながら、一緒に小太鼓を打っていただきます。
最後は小太鼓の拍子に乗せて打つ大太鼓を見ていただきます。

<このレッスンで得られるもの>
秩父屋台囃子の楽しさ♪

あと2回参加できます

1回目 チケット1枚
50%off
プレミアム会員限定

2回目 チケット1枚
50%off
プレミアム会員限定

割引表示は直接教室へ申し込んだ場合との比較です。
※「参加済」には、申し込み済みでこれから受講するものを含みます。
※2回目以降の申し込みは、受講をしてからお願いしています。
※兄弟でご利用されている場合、参加できる方の表示が優先されます。
予約・空席確認
東京都町田市原町田6-8-1 町田109 7F 音楽室
秩父屋台囃子太鼓教室
教室電話: 080-6543-3677
教室ホームページ: http://yataibayashi.tokyo/lesson.html
校舎: 

近くに似た教室があります

太鼓が一致しています
町田八丈太鼓教室109教室(0m)
小学1年〜大人
東京都町田市原町田6-8-1 町田109 7F 音楽室

こどもと読みたい